« 有事に何も出来ない口先だけの無能政治家は日本には害があり不要 | トップページ | 韓流の宣伝手法 »

2020年4月 2日 (木)

屁理屈で有事対応は出来ない

 
 米国のトランプ政権など特定の国の高官はコロナ肺炎への対応を放置したことに対する自国民からの批判を回避する目論見がある自国の感染拡大の責任を中国に押し付けようとした発言が多く聞かれる。
 また、中国政府も初期段階の対応が共産主義体制の維持を優先させた結果、武漢における感染拡大を引き起こしてしまった。
 
 実際の感染者数を隠し、新型コロナウイルスの感染状況について事実と異なる情報を伝えている状況は中国や米国同様に、東京五輪の開催が最優先で日本国民の健康を意識すらしていない東京都とオリンピック開催委員会の姿勢が最も問題となる。
 
 有事における対応が出来ていない政治家は資質などあるとは言えない。
 単に要請のみ繰り返し、危機を煽るだけで対応が杜撰な状況を放置している首相や都知事は早急に職を辞すべきだ。
 
 緊急事態で辞職しないというが、何も出来ずに時間を浪費する状況では話にもならない。
 
 そもそも、天下国家の問題ですらない首相の行為を隠蔽する忖度が行われたことが問題であり、岸信介や田中角栄とは次元が余りにも低く、お粗末な官僚しか周囲に取り巻いたのが元凶だろう。
 
 中国の華報道官は「新型コロナウイルス感染症が現在世界規模で拡大している。特に欧米の一部の国は厳しい状況にある。各国の人々は団結と協力を強化し、感染症に共同で対処する必要性を一致して呼びかけている。だが同時に、一部の者は度々耳障りな声を上げている。これは団結して感染症と戦うという現在の国際社会の雰囲気と非常に不調和だ」と指摘した。
 また、こんなに多くの日々が過ぎたのに、米側にはまだわめきたて、米国における感染拡大の責任を中国に負わせようとし、中国を最大のスケープゴートにしようとしている者がいると批判した。
 だがこの責任は余りにも重大なため、米国が他国に押し付けることはできないと述べた。
  
 
ひとこと
 
 与野党の政治家の資質は平時の盆暗ばかりが跋扈している状況だ。
 有能な政治家もいるが、能力を発揮できていない。
 平時に大騒ぎするだけで注目をメディアが取り上げるが、本質は平時対応しかできない誰でもよい政治家でしかない。
 
 素行がやや悪くても有事に対応できる政治家が日本の将来を明るくし発展させる能力があるが、マスコミが袋叩きにしてきた経緯がある。
 こうした行為は諸外国にとっては都合が悪いため、芽を摘む動きの工作に加担したとも言えるものだ。
 
 日本国民の意識を低下させ幼稚にしているTVなどのお遊戯女子アナや芸人が繰り返す発言も同様の工作を受けているため注意が必要だろう。
   

« 有事に何も出来ない口先だけの無能政治家は日本には害があり不要 | トップページ | 韓流の宣伝手法 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有事に何も出来ない口先だけの無能政治家は日本には害があり不要 | トップページ | 韓流の宣伝手法 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ