« ゴミ溜め政権の支持メンバーがセクハラで市長を辞任 | トップページ | 北朝鮮内部で体制崩壊の兆し »

2020年4月28日 (火)

大きなクラスター(集団感染)の発生にはつながっていないことを示すデータ

 

 トランプ大統領の経済顧問で前大統領経済諮問委員会(CEA)委員長
   ケビン・ハセット氏
は27日、CNBCとのインタビューで、生活に不可欠な業種がこの4週間で業務を再開してきたが大きなクラスター(集団感染)の発生にはつながっていないことを示すデータをホワイトハウスは保持していると話し、それ以外の業種が再開しても問題ない可能性が高いと述べた。

  

ひとこと

 感染への対応の遅れで経済活動が急速の縮小したが、再開の時期を明確に出来ない腰が引けた政権の存在自体が日本の国力を低下させるだけだ。

 明確な判断基準や今後のロードマップを具体的な数値を出すべきだ。

 また、危機感を煽り続けても判断基準が示せない都知事の姿勢も問題だろう。
  

 

  

« ゴミ溜め政権の支持メンバーがセクハラで市長を辞任 | トップページ | 北朝鮮内部で体制崩壊の兆し »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴミ溜め政権の支持メンバーがセクハラで市長を辞任 | トップページ | 北朝鮮内部で体制崩壊の兆し »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ