« 有事対応能力がない政治家では何を言おうが信頼は無い | トップページ | 中国から購入のマスクと個人用防護具が基準を満たしていない(フィンランド) »

2020年4月15日 (水)

濃厚接触に危機感が欠落した代議士など 有事の対応は口先だけ

 

 立憲民主党幹部は14日、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が7日に出された後の9日夜、同党
   高井崇志衆院議員(50、比例中国)
が歌舞伎町のセクシーキャバクラ(通称セクキャバ)を訪れていたことが分かったことをメディアの会見で明らかにし「国民が生活に苦しんでいるときにとんでもない」と語った。
 
 党幹部によると、高井氏から事実関係を確認しており、15日以降、党としての対応を判断するという。

 日本政府は7日に緊急事態宣言を発令、感染者が急増する東京都など7都府県が対象地域となった。
 小池百合子都知事はそれ以前から、キャバクラなど接客を伴う飲食店への出入りを控えるよう訴えてきた経緯もある。

 危機感が欠落したともいえる高井氏が訪れたセクキャバは、通常のキャバクラで禁止されている女性への“お触り”がOKで、キスもできるため、キャバクラより格段に濃厚接触が起きやすい環境という。

 ただ、この高井氏は2月末、米国のくるーぐ会社が運航するクルーズ船
   ダイヤモンド・プリンセス号
で感染が拡大する中、安倍晋三首相が11日間のうち9日間、知人や企業経営者、与党議員らと会食したと国会で批判した。
 
 「民間企業は飲み会を自粛している。首相の危機感のなさが国民を不安にしている」と指摘していたが、口先だけで政治家としての資質が欠落した行為を平気で行うことが明らかになった。
 
 また、ツイッターでも政府のコロナ対策への批判を連日投稿。13日には「今お金をケチれば、感染が拡大」などと記していたが、素行の悪さが目立つことになった。

 高井氏は東大卒の元総務官僚で2009年衆院選で旧民主党から初当選し、現在3期目にもなる。
 
 野党では安倍首相の新型コロナへの政策を連日のように攻撃してしたが、身内に有事に置ける危機意識の欠落した政治家を抱えていることを与党同様に露呈した。
 
 その状況下で明らかになった、緊急事態宣言下のセクキャバ遊びを平気で行う様なリスク感覚の乏しい政治家は早急に辞任すべきだろう。
 
   

  

« 有事対応能力がない政治家では何を言おうが信頼は無い | トップページ | 中国から購入のマスクと個人用防護具が基準を満たしていない(フィンランド) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有事対応能力がない政治家では何を言おうが信頼は無い | トップページ | 中国から購入のマスクと個人用防護具が基準を満たしていない(フィンランド) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ