« 米国でアジア気に対する差別や攻撃が増加 | トップページ | 北朝鮮が「瀬取り」の手口で中国へ石炭を密輸出 »

2020年4月20日 (月)

金正恩の健康異常説が拡散

 

 韓国メディアの「アジア経済」は、北朝鮮の独裁者で朝鮮労働党委員長の
   金正恩の健康異常説
が広がっていると伝えた。

 15日は金委員長の祖父である故・金日成主席の誕生日「太陽節」で、金委員長は毎年この日に合わせて金主席の遺体が安置されている宮殿をこれまでは参拝してきた。
 
 しかし、翌16日の朝鮮中央通信など北朝鮮の国営メディアは、党幹部らが宮殿を訪れたことは伝えたものの、金委員長が参拝したという報道はなかった。
 金委員長が「太陽節」に参拝しないのは、2012年に政権を担って以降、初めてのこと。

 韓国世宗(セジョン)研究所北朝鮮研究センターの
   鄭成長センター長
は金委員長の健康や身辺に少なくとも一時的な異常が発生した可能性があると分析した。
 
 ただ、金委員長の体に異常がある場合でも、北朝鮮の最高指導者の直系血統
   「白頭(ペクトゥ)血統」
として相当な影響力を行使している金委員長の妹
   金与正(キム・ヨジョン)氏
が、体制を維持したい党指導部と共通の利害関係にあるため北朝鮮の体制が揺らぐ可能性は低いとみられるとの見解を示した。

 
 反日・親北朝鮮政策を強化してきた文政権率いる韓国統一部は、北朝鮮メディアから金委員長が宮殿を参拝したという報道が出ていないことを把握しているとメディアに説明したが「その意図についてあらかじめ言及することは適切ではない」と述べたという。

 
   

« 米国でアジア気に対する差別や攻撃が増加 | トップページ | 北朝鮮が「瀬取り」の手口で中国へ石炭を密輸出 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ