« 動物の飼い方にも注意が必要 | トップページ | 社会秩序を破壊する組織的抗議活動が活発化する兆し(ドイツ) »

2020年5月17日 (日)

有事対応が出来ない無能政権の首班の発言は聞く価値すらない言葉の羅列だ

 
 日本政府は14日、新型コロナウイルス対策本部で、世論からコロナ対応の遅さや経済対策における支給手続きの煩雑さなど強い批判の広がを受け与党内部から政権崩壊の瀬戸際の様相を示すなか、政権内の主要な有力者から
   10万円一律給付への要請
を受け、これまで宣言の発令基準が示せないままで杜撰な判断との指摘がある安倍首相が発令した全国への
   緊急事態宣言
の範囲指定の拡大では、感覚的というか情緒的な思考に基づいた観がある。
 
 今度は判断基準を明確にし無いままで東京都や大阪府などを除く39県で5月末の期限を待たずに解除することを決めた。
 
 また、安倍晋三首相は追加の経済対策を実施するため
   第2次補正予算案の概算
を27日に決定し、速やかに国会に提出する考えを明らかにしたが規模が米国と比較しても子供のお遊びのごとく小規模で中身が欠落した失望感さえ臭わせる説明に終始した。
  
 新型コロナウイルス対策本部に先立つ記者会見では
   コロナ感染への対応
を五輪開催を最優先するためか
   開催延期
に決まるまで放置したとの批判が消えない安倍首相は、39県への
   「緊急事態宣言」の指定
を解除した理由について、「今後徹底的なクラスター対策を講じることで、感染拡大を防止できるレベルにまで抑え込むことができたと判断した」と政権への批判を意識した官僚が作成した文書を棒読みで説明した。
 
 また、解除後も日常のあらゆる場面でウイルスに警戒するよう国民に呼び掛けたが、何ら説得力はなく、内容も主張が説明する様なものではなく厚生労働相が説明する程度のもので、記者からの質問時間を短縮させる意図が背景にあるような内容でしかなかった。

 

ひとこと
 丸投げ姿勢が多い無責任政権は無駄に時間を浪費し、経済回復の舵が取れない。
  
  

« 動物の飼い方にも注意が必要 | トップページ | 社会秩序を破壊する組織的抗議活動が活発化する兆し(ドイツ) »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 動物の飼い方にも注意が必要 | トップページ | 社会秩序を破壊する組織的抗議活動が活発化する兆し(ドイツ) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ