« 日米の盟友は似た者同士? | トップページ | 責任逃れの行動か? »

2020年5月14日 (木)

米国の姿勢が独立調査の実現を難しくする要因

 
 オーストラリア政府は
   新型コロナウイルス
の発生源を調べる「独立調査」を求めているが、米国の対応には困惑しているという。

 米国政府は新型コロナが中国湖北省武漢市の研究所から発生したと主張し、コロナ感染の被害情報を無視して放置したことで大きな禍を引き起こしたという批判の封じ込めを目論む発言が続いている。
 
 これを受け、中国政府は、オーストラリアが求める独立調査は、中国に責任を押し付ける米国主導の策略の一環だと反発した。

 これに対し、オーストラリアの政府関係者は、先入観を持たない国際的な独立調査を目指していると主張した。
 
 中国に責任を押し付けようとする
   米国の姿勢
が独立調査の実現を難しくする要因になっているとの認識を示した。

  

  

« 日米の盟友は似た者同士? | トップページ | 責任逃れの行動か? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ