« 判断基準が杜撰そのもの | トップページ | 中国政府の軍事的野心 »

2020年5月 5日 (火)

コロナが蔓延する北朝鮮

 

 中国外交部の耿爽報道官は27日、新型コロナウイルスと関連し、中国が北朝鮮に
   新型コロナウイルス診断キット
を提供したと明らかにした。

 中国政府が公式に北朝鮮に対する新型コロナ防疫物資支援を明らかにしたのは今回が初めてとなる。

 耿報道官のこうした答弁はこの日の記者会見で「中国が北朝鮮に医療チームを派遣したのか」という質問に答える過程で出たもの。

 耿報道官は「私が知るところでは新型コロナウイルス発生以降に国際赤十字社など国際機関から北朝鮮に防疫物資を支援した。中国も北朝鮮に一部診断キットを提供し必要な時に使えるようにした」と説明した。
 
 ただ、具体的な支援数量は明らかにしなかった。

 また「中国は国内防疫をしっかりやると同時に今後も力の及ぶ範囲で助けが必要な国に援助を提供するだろう」と言及した。
 今後北朝鮮の要請がある場合にはいつでも防疫物資を提供する意志があることを明確にした。

 また、「中国政府は北朝鮮に医療陣を派遣したか」という質問に耿報道官は「診断キットと医療陣は別の概念。われわれは防疫能力があり、助けが必要な国を助けることができる」と答えた。

 中国医療陣の北朝鮮派遣に対しては明確な回答を避けあいまいな立場を見せたものと分析され、金正恩の動静が消えた背景を探る質問が出た。

 また、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の健康不安説と関連した質問に対しては「そうした報道がどこから出るのかわからない」という既存の立場を繰り返した。

 耿報道官は「金委員長の健康に関連した具体的な問題について現時点ではどのような情報も提供するものはない」と付け加えた。
 事実上金委員長の健康に問題があるという報道を否定したように見える。
 
   

  

« 判断基準が杜撰そのもの | トップページ | 中国政府の軍事的野心 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 判断基準が杜撰そのもの | トップページ | 中国政府の軍事的野心 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ