« リスク定価の措置が急務 | トップページ | 保護が過ぎれば取り返しのつかない状況を生みだしかねない »

2020年5月21日 (木)

英国債 入札で初のマイナス金利

 
 英国政府が20日実施した国債入札で
   落札利回り
が初めてマイナスとなった。

 このマイナス金利を巡るイングランド銀行(中央銀行)の議論に注目が集まるだろう。

 ベイリー総裁は議会証言するが、マイナス金利に否定的な考えをあらためて示せば、国債の価格は急落する。

 

 英債務管理局は2023年償還債をマイナス0.003%の利回りで
   37億5000万ポンド(約5000億円)
を発行した。

 

   

« リスク定価の措置が急務 | トップページ | 保護が過ぎれば取り返しのつかない状況を生みだしかねない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リスク定価の措置が急務 | トップページ | 保護が過ぎれば取り返しのつかない状況を生みだしかねない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ