« 米国の情報機関トップが「北朝鮮の核兵器・運搬システム」に懸念 | トップページ | 株主の権益を守る動き »

2020年5月 8日 (金)

バフェット氏 保有航空会社株をすべて売却

 
 米国資産家で著名投資家
   ウォーレン・バフェット氏
は2日、経営する投資・保険会社
   バークシャー・ハサウェイ
が、保有していたデルタ航空とサウスウエスト航空、アメリカン航空グループ、ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスの株式を全て手放したことを明らかにした。
  
 バークシャーは4月に計65億ドル(約6950億円)相当の株式を手放した。
 その大半がこれら米4大航空会社のものだった。
 バフェット氏は過去にUSエアウェイズ(当時)への投資で痛手を負った。
 その後、業界への投資を控える意向を示した。
 2016年に再び株式保有に動いた経緯がある。

 

ひとこと
 
 投資による価値の増加が見込まれれば投資し、下落するようであれば売りに回るのは当然。

 

    

« 米国の情報機関トップが「北朝鮮の核兵器・運搬システム」に懸念 | トップページ | 株主の権益を守る動き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国の情報機関トップが「北朝鮮の核兵器・運搬システム」に懸念 | トップページ | 株主の権益を守る動き »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ