« 責任逃れの行動か? | トップページ | 独自の分析、独自の証拠、独自の勧告? »

2020年5月14日 (木)

戦略がなっていない

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   パウエル議長
は13日、オンラインセミナーで講演し、米国経済が
   前例のない下振れリスクに直面
していると指摘したうえ、財政および金融当局がこの試練に立ち向かわなければ、家計や企業に長期的な打撃を及ぼす恐れがあるとの見解を示した。

 

 米国議会とトランプ政権はこれまで
   FRB緊急プログラム
の費用4540億ドルを含む、3兆ドル近い経済支援策を通過させた。

 民主党と共和党は現在、州や地方自治体の歳入を強化する案など、追加支援策を巡り協議している。

 パウエル議長は経済政策によるこれまでの対応は
   時宜を得た適切な規模のもの
だったが、今後の見通しがかなり不透明で
   強い下振れリスク
に直面する恐れがあることを考慮すると、それが最終章ではない可能性があると話した。

 

ひとこと

 大きな敵に対する戦略がなっていない日本だ。

 小出しに兵力を出して消耗した日露戦争の初期や日中戦争など過去の事例に学んでいない愚かな思考を支援する様な官僚は資質が問題だろう。

  

 

« 責任逃れの行動か? | トップページ | 独自の分析、独自の証拠、独自の勧告? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 責任逃れの行動か? | トップページ | 独自の分析、独自の証拠、独自の勧告? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ