« 経済統計の織り込み具合で、逃げ足は速い | トップページ | 米国産農産物の購入を加速させる計画 »

2020年6月21日 (日)

人口密度が高いほど、感染拡大が続く期間や収束までにかかる期間が長く、感染者数、死者数も増える

 
 名古屋工業大の平田晃正教授(医用工学)は17日日本国内の新型コロナウイルスの発生状況を分析したところ、人口密度が高いほど、感染拡大が続く期間や収束までにかかる期間が長く、感染者数、死者数も増えることが分かったと発表した。

 これは密集が感染を長期化させることを示唆する結果だ。

 平田教授は、緊急事態宣言が全面解除された5月25日までのデータを基に、一日の新規感染者数が10人以上などの条件に合致した19都府県を分析した。


 平田教授は完全に収束するまで
   ソーシャルディスタンス(社会的距離)
を保つ必要があると指摘した。
 ただ、高温多湿になると、感染者数が減る傾向もみられたという。

 

ひとこと

 感染の途中でウィルスの性質も変化するためなんとも言えない。

 

    

« 経済統計の織り込み具合で、逃げ足は速い | トップページ | 米国産農産物の購入を加速させる計画 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経済統計の織り込み具合で、逃げ足は速い | トップページ | 米国産農産物の購入を加速させる計画 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ