« K防疫を取り入れる問題点 | トップページ | 議論好きの言い分けが多い政治家は能力があるのかどうか疑問だ »

2020年6月16日 (火)

与信の幅は?

 

 米国リッチモンド地区連銀の
   バーキン総裁
は12日、チェンバーRVA主催のバーチャルのタウンホール集会で米連邦準備制度は
   与信を支えるため積極的な措置
を講じてきていると語った。

 景気回復の「ペースはゆっくりとしたものになる」と指摘、外食や買い物に「人々が不安を感じなくなる必要がある」と発言した。
 
 また、「景気の道筋はなお新型コロナウイルスの状況次第だ」とも述べた。

 ただ、バーキン総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で議決権を持たない。

 

 

 

« K防疫を取り入れる問題点 | トップページ | 議論好きの言い分けが多い政治家は能力があるのかどうか疑問だ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K防疫を取り入れる問題点 | トップページ | 議論好きの言い分けが多い政治家は能力があるのかどうか疑問だ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ