« ステロイド薬「デキサメタゾン」の投与で大きな成果 | トップページ | 政治広告の掲載を選択できる自由 »

2020年6月18日 (木)

思考分裂の成れの果て

 

 韓国大統領府の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は17日の記者会見で北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による
   南北対話提案
を激しく非難する談話を発表したことに対し、
   「非常に無礼な語調であしざまにけなし、非常識だ」
と反発した。

 さらに、「南北首脳間の信頼を根本的に損なうもので、北の分別をわきまえない言動にこれ以上我慢しないことを明白に警告する」と表明し、韓国内での親北朝鮮政策に伴う経済対策の遅れなど不手際ㇸの批判や慰安婦を金儲けの手段としてきたこれまでの対応などから国民の目を逸らすことが背景に強く出た模様だ。

 韓国側の非公開での特使派遣提案を北朝鮮が一方的に公開したとし、「前例のない非常識な行為で、強い遺憾を表する」と批判したが、日韓合意を廃棄するような行動や判事の事前入れ替えなどで判決を意のままにして徴用工訴訟などの判決を思うがままにした素行の悪さを棚にあげてよく言えたものだ。

 対北対話路線をとってきた文政権がこれほど強く北朝鮮を批判したのは政権発足以降初めて。北朝鮮が
   南北共同連絡事務所の爆破 など
を見せ付けに行たことについて、尹氏は「すべての事態の結果は全面的に北側が責任を負わねばならない」「基本的な礼儀を守るように」とも警告した。

 親北朝鮮に邁進してきた文政権は内外の批判にも関わらず対北対話を求めてきた。
 
 北朝鮮はこれに、南北対話を象徴する施設の爆破と文氏への批判で応じ、北朝鮮の意のままに動かない文政権へ圧力を強めた形だ。
 韓国側の我慢にも限界があることを、尹氏が明言した形だが、次期大統領選挙を睨んだものでしかないだろう。
 素行の悪さで支持率の低下が続き、慰安婦への寄付金などの流用が政権支持基盤に流れた可能性もあり強い逆風になっているためだ。

 韓国の金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一相は17日、南北関係悪化の責任を取って辞意を表明した。
 
 北朝鮮との対話を維持することの限界が露呈し、韓国政府はそれを認めざるを得ない状況になった。

 韓国軍は北朝鮮の挑発に対応する姿勢も明確にしたが、北朝鮮が「行動に移せば」との条件付きであり、文政権の思惑で対応の遅れが生じる可能性があり、北朝鮮の行動次第との立場に止まっている。

 ただ、金正恩体制の根幹を揺るがす可能性のある脱北者の風船による情報の拡散で支持基盤が揺らぎかねないための行動であり、突然、ソウルに砲弾の案が降る可能性がある。
 
 こうした朝貢を把握した場合、先制攻撃で無力化しなければ、砲弾は数万発が一斉に放たれる可能性がある。
 
 日本の親北朝鮮の思考がある与野党の政治家や市民団体の阿呆な思考である専守防衛では破壊力が高い兵器による攻撃では被害が甚大になり、反撃は限定的になりかねない。
 
 北朝鮮は韓国側の隙を過去に何度も突いて挑発を繰り返し、韓国はその都度、裏切られ続けてきたがマスコミや政治家、市民団体などのに潜入した工作員による情報操作で反発は限定的だ。
 その結果が今の南北の状況ともいえる。

 低迷する経済、新型コロナウイルス感染問題などを抱える韓国は北朝鮮というさらなる難題に直面した。
 
 胡散臭い文政権は「対話による解決」への望みを捨ててはいないとの主張であるが、北朝鮮が軍事挑発をちらつかせる中で方針転換が自壊を意味することになる八方ふさがりに陥るだけだろう。
 自業自得ともいえるものだ。
 

   

« ステロイド薬「デキサメタゾン」の投与で大きな成果 | トップページ | 政治広告の掲載を選択できる自由 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステロイド薬「デキサメタゾン」の投与で大きな成果 | トップページ | 政治広告の掲載を選択できる自由 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ