« 真実だろう | トップページ | ノンバンク部門の根本的な問題 »

2020年6月25日 (木)

言い分けでは?

 
 事業仕分けなど中国や中国の工作を受けて国益を棄損する政治家が多い。

 立憲民主党の蓮舫副代表は22日、スーパーコンピューター性能ランキングで日本の
   新型機「富岳」
が世界一になったことを受け「文部科学省も理化学研究所も、前向きな改革に取り組んで来られた努力に敬意を表する」とした。共同通信の取材に文書で回答した。

 旧民主党政権の事業仕分けでスパコン開発を巡り
   「2位じゃ駄目なんでしょうか」
と批判した自身の発言に関し「速度が世界一になったとしても、使い勝手が悪ければ使われない。スピードばかりにこだわる理由を問うた」と当時の経緯を講釈した。

 

ひとこと

 マスコミや芸人出身の政治家は知名度が注目されるが、有能な一分の政治家もいる反面、衝かいものにもならない海外政府の工作を受けている様な発言が見られるろくでもない政治家もいる。

 

   

« 真実だろう | トップページ | ノンバンク部門の根本的な問題 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真実だろう | トップページ | ノンバンク部門の根本的な問題 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ