« K防疫を取り入れる問題点 | トップページ | 議論好きの言い分けが多い政治家は能力があるのかどうか疑問だ »

2020年6月16日 (火)

デモ対応に投入された州兵にコロナ感染が拡大

 

 米国首都ワシントンの州兵は9日、首都で最近発生したデモへの対応に動員された後
   複数の隊員
が新型コロナウイルス検査で
   陽性反応
を示したと発表した。
 
 首都ワシントンの州兵のブルック・デービス報道官は
   「作戦上の保安」
を理由に挙げ、陽性反応を示した隊員の数を明らかにすることを拒否した。
 
 米ミネソタ州ミネアポリスで、アフリカ系の
   ジョージ・フロイドさん
が白人警官に首を膝で押さえつけられ死亡した事件をめぐり
   ホワイトハウス前
などで抗議デモが発生したことを受けて、州兵1700人が動員された。
 
 デービス氏によると、州兵は動員の前後に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査を受けた。

 
 デモ参加者の多くはマスクを身に着けていたが、身に着けていない参加者もいた。
 トランプの放言を信じたのか警察官や州兵の多くもマスクを着用していなかったという。
  
 一方、デービス氏は、州兵の隊員は対人距離を確保し
   個人防護具
を使用する措置を取っていたと主張し、これから問題化する訴訟への対応に備えた。 

 

ひとこと
 
 狂った政治を展開してきたトランプ流の手法の杜撰さの一部を露呈したとも言える出来事だろう。
 
   

« K防疫を取り入れる問題点 | トップページ | 議論好きの言い分けが多い政治家は能力があるのかどうか疑問だ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K防疫を取り入れる問題点 | トップページ | 議論好きの言い分けが多い政治家は能力があるのかどうか疑問だ »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ