« 適者生存 | トップページ | 赤化統一を目論む韓国の文政権は危険な存在となってきた »

2020年7月23日 (木)

米国政府 米国民向けに新型コロナウイルスワクチン1億回投与分の供給を確保

 

 米国政府は同国の製薬大手ファイザーと独バイオNテックから、両社が共同開発する
   新型コロナウイルスワクチン1億回投与分
の供給を確保した。
 受取時に19億5000万ドル(約2090億円)を支払うという契約。

 

 発表文によると、両社は米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)または承認を経てワクチンを供給する。米政府は最大で5億回分を追加取得できることでも合意した。
 なお、米政府によると、ワクチンは米国民に無料で提供される。

 

ひとこと 

 国民の安全・安心という幻を語る日本の安倍首相の本質は嘘つきでしかない現実を直視すべきだろう。
 
 また日本の与野党政治家の質の悪さも問題だ。
 
    

   

« 適者生存 | トップページ | 赤化統一を目論む韓国の文政権は危険な存在となってきた »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 適者生存 | トップページ | 赤化統一を目論む韓国の文政権は危険な存在となってきた »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ