« 政治的目論見から反日政策を強めてきた韓国政府は北朝鮮の傀儡政権になっている | トップページ | 裏事情は複雑か単なる選挙狙いかは足の置き場で異なる »

2020年7月26日 (日)

サポート要員は大幅に縮小させる流れ

 

 世界最大のヘッジファンド運用会社の米国
   ブリッジウォーター・アソシエーツ
は24日、在宅勤務の従業員が増えたため従来と同じ人数の
   サポートスタッフ
は必要ないとして、人員を削減する計画を明らかにし、「この措置によって、今年当社を去る人員は通常の自然減よりも多くなるだろうが、通常を大幅に上回るような減少とはならない。主要分野においては引き続き投資と雇用を進めていく」と電子メールで説明した。

 なお、ブリッジウォーターの「ピュア・アルファⅡ」ファンドは、コロナ感染の拡大で経済かんきょぐア激変した影響もあり、今年上期の運用成績がマイナス20.6%だった。

 なお、新たなテクノロジ-によって
   顧客へのサービス
に必要な人材のタイプは変わりつつあるとの認識を示した。

  

ひとこと

 コロナ感染の拡大で就労環境が激変し、派遣事務などの分野は縮小する可能性が高い。

 また、ITなども特定分野では広がるだろうが、、全体的なパイは縮小するため競争が激化するだろう。

 集団活動が分散する動きになれば東京など関東圏で居住する必要性が低下し、不動産価格の暴落を引き起こす可能性もある。

 

   

« 政治的目論見から反日政策を強めてきた韓国政府は北朝鮮の傀儡政権になっている | トップページ | 裏事情は複雑か単なる選挙狙いかは足の置き場で異なる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治的目論見から反日政策を強めてきた韓国政府は北朝鮮の傀儡政権になっている | トップページ | 裏事情は複雑か単なる選挙狙いかは足の置き場で異なる »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ