« シナリオ通りにいくかどうか... | トップページ | 中国政府の二面性に警戒が必要 »

2020年7月10日 (金)

インド企業と英国政府が勝利

 

 インド通信業界の有力実業家スニル・ミタル氏が率いる複合企業
   ブハルティ・エンタープライゼズ
の傘下部門と英政府は米国企業で経営破綻した通信衛星ベンチャー
   ワンウェブ
の買収入札で
   それぞれ約5億ドル(約540億円)
をコミットし、ワンウェブの株式をそれぞれ45%取得、年内の手続き完了を見込んでいるという。

 3日の発表資料によると、事情に詳しい関係者1人によると、ブ既存の株主が残り10%を保持する。


 なお。ワンウェブはソフトバンクグループやエアバス、クアルコムを含む株主からエクイティーとデットファイナンスを通じて約33億ドルを調達していた。
 その後、3月に米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きを申請した。

   

« シナリオ通りにいくかどうか... | トップページ | 中国政府の二面性に警戒が必要 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シナリオ通りにいくかどうか... | トップページ | 中国政府の二面性に警戒が必要 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ