« 緊急融資プログラムの大半を3カ月延長 | トップページ | 米国債市場では10年債利回りが過去最低水準 »

2020年8月 1日 (土)

危険な兆候

 

 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は米国で運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の所有権売却を中国の
   北京字節跳動科技(バイトダンス)
に対し命じる計画。
 
 この事情に詳しい複数の関係者がメディアの取材で明らかにした。
 米国政権はこれまで
   国家安全保障を脅かすリスク
について精査しており、大統領による決定は31日中にも発表される可能性がある。
   
 
ひとこと
 
 国家安全保障を脅かすリスクを拡大すればあらゆる企業の資産が奪われる可能性がある思考だ。
 やはり、第二次世界大戦を引き起こしたルーズベルト大統領の排日政策に通じるものがある。
     
  
  

« 緊急融資プログラムの大半を3カ月延長 | トップページ | 米国債市場では10年債利回りが過去最低水準 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急融資プログラムの大半を3カ月延長 | トップページ | 米国債市場では10年債利回りが過去最低水準 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ