« 国際機関の組織疲労し金権体質が顕著となっている問題が増えている | トップページ | FRBの信頼性が揺らぎそうだ »

2020年7月16日 (木)

7-9月(第3四半期)の米成長率予想を引き下げ

 

 米国ゴールドマン・サックス・グループのエコノミスト
   ヤン・ハッチウス氏
らは4日発表のリポートで、「州による活動制限強化と自主的なソーシャルディスタンス(社会的距離の確保)が相まって、既に経済活動に顕著な影響をもたらしつつある」と分析、7-9月(第3四半期)の米成長率予想を引き下げた。
 
 新型コロナウイルス感染拡大への対応で、一部の州が再び活動制限措置に動いたことが理由。ただ、9月には元の成長軌道に戻るとみている。

 エコノミストらは、7、8月は個人消費が停滞する公算が大きいと予想したが、他国の状況から判断して活動再開は可能だとした。
 このほか、マスク着用など行動の変化も助けになると指摘した。

 第3四半期の米国内総生産(GDP)については、現時点で25%増と予想した。
 なお、従来予想は33%増だった。これにより通年では4.6%減と、従来予想(4.2%減)よりマイナス幅が大きくなるとの見通しを示した。

 また、来年のGDPについては、なお5.8%増を予想した。
 今年末の失業率は9%とし、従来予想(9.5%)から引き下げた。


   

« 国際機関の組織疲労し金権体質が顕著となっている問題が増えている | トップページ | FRBの信頼性が揺らぎそうだ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ