« 恐怖心が消えつつあるようだ | トップページ | 給与保証プログラム(PPP)を延長 »

2020年7月14日 (火)

単なる事実だが、作作為的な動きが背景にあるかはわからない

 

 中国税関総署輸出入食品安全局の
   畢克新局長
は10日、国務院共同予防・抑制メカニズムの記者会見で、「税関の関係部門は
   新型コロナウイルス
の流入を防ぐため
   輸入冷凍食品
に対するPCR検査を行っており、9日24時時点で、全国の税関では22万7934点のサンプルに対するPCR検査が行われた。
 
 その結果としてエクアドルの3社が生産したバナメイエビを搬送する1つのコンテナの内壁から採取したサンプルと、5つの包装から採取したサンプルのPCR検査結果が陽性であったことを明らかにした。
 
 畢局長は、貨物の包装が汚染されるリスクは存在するが、商品そのものの汚染は示されていないと指摘した。
 ただ、この結果は、関連企業の
   食品安全管理が行き届いていないこと
を表していると指摘し、この問題を起こしたエクアドルの3社の中国での登録資格を10日から剥奪し、商品の輸入を停止させ、一時的に差し押さえている商品は返却または処分していくとの税関総署の決定を発表した。
 
  
ひとこと
 
 エクアドル企業なのか中国人が設立したエクアドル企業なのかは不明。
 同じような報道の仕方は、韓国政府が日本を批判する場合に取られている。
 韓国系日本人が日本国籍から韓国籍に戻した者が日本を批判し、韓国政府を支持するなど、世情工作活動を活発化させており、日本の世論調査などでも日本人と称してコメントして世論を誘導する動きなど内政干渉ともいえる状況が垣間見られる。
 
 当然、TVなどでの韓国系芸人の発言も同様のツールにもなっている様に見える。
 

   

« 恐怖心が消えつつあるようだ | トップページ | 給与保証プログラム(PPP)を延長 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐怖心が消えつつあるようだ | トップページ | 給与保証プログラム(PPP)を延長 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ