« 中国でも水害が拡大 | トップページ | 中国の新エネルギー車(NEV)市場が変化 »

2020年7月21日 (火)

首脳会議を延長

 

 欧州連合(EU)はブリュッセルで17日に開幕した首脳会議を延長し、補助金と低利融資のバランスを巡る意見調整で進展があり、4日目となる20日午後も話し合いを継続する。

 新型コロナウイルスで打撃を被る国々を支援する
   「復興基金」
について20日未明まで集中的に協議した。

 

 複数の当局者によれば、実質的な復興基金となる経済再建策
   総額7500億ユーロ(約92兆円)
のうち、返済が必要ない補助金が占める割合を
   3900億ユーロ
とする最新案が夜を徹して協議された。

 EU全体を代表して債券を発行し、欧州委員会が資金を調達する。

 協議で補助金額に異論を唱えていたオランダとオーストリア、デンマーク、スウェーデンの4カ国が補助金部分を3900億ユーロとする案に満足し、妥協案を受け入れる用意があるという。

 EUの報道官は、首脳会議が20日午後4時(日本時間同11時)から再開されると明らかにした。

 復興基金全体の規模や支出を管理する仕組みなど未解決の問題の決着を目指す。

  

 これまでオランダのルッテ首相とオーストリアのクルツ首相は、補助金を3500億ユーロに制限するよう主張していた。

 また、ドイツとフランスは加盟国の多数の支持を得て
   南欧の脆弱な国々
を新型コロナの最も深刻な影響から守るため、少なくとも4000億ユーロを補助金とする必要があるとの立場だった。

   

   

« 中国でも水害が拡大 | トップページ | 中国の新エネルギー車(NEV)市場が変化 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国でも水害が拡大 | トップページ | 中国の新エネルギー車(NEV)市場が変化 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ