« 欧米はコロナワクチン開発支援で最大9億回分の供給確保 | トップページ | 日本は何も困らない »

2020年8月 2日 (日)

あらゆるモノを利権化することに長けた輩か?

 

 韓国京畿道果川署は30日、新興宗教団体「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」総会長の
   李万煕(イ・マンヒ)容疑者(89)
ら3人を現金32億ウォン(約2億8000万円)を着服した疑いで起訴相当の意見付きで送検した。

 李容疑者らは2015年9月から8カ月間、新天地教会名義の129の口座から妻名義の48の口座に教会名義の献金32億ウォンを着服した疑い。
 
 警察は昨年3月から李容疑者の横領の疑いについて、捜査を開始していた。
 教会内の実力者とされる李教祖の内縁の妻でIWPG(International Women's Peace Group,世界女性平和グループ)代表として活動していた
   キム・ナムヒ氏
が財産問題をめぐり法廷争いを活発化させるなか、李容疑者を横領の疑いで検察に告発したもので、検察は警察に捜査を求めた。

 李容疑者は今年2月、新天地大邱教会を中心に新型コロナウイルスが広がった当時、新天地の幹部と共謀し、保健当局に信徒のリストや集会場所を過小申告するなど虚偽の資料を提出した疑いで、コロナ対応を放置し国民から批判を受けていた反日左翼政治家の韓国
   文大統領
が率いる政府から責任追及をすり変える目論見も背景にあったのか大々的な宣伝工作で
   新型コロナウイルス対策を妨害した疑い
で検察の捜査のターゲットとなっていた李容疑者は31日、拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を控えている。

 また、新天地の研修施設である「加平平和の宮殿」を新築する過程で、50億ウォン余りの教会資金を流用したという話も出ている。
 このほか、5億-6億ウォン相当を個人の口座に送金するなどして、総額56億ウォンを横領した疑いも持たれている。
 
 
ひとこと
 
 従軍慰安婦の問題を繰り返しマスコミを利用して流し、莫大な寄付金などを集めたうえ、私利私欲に走った慰安婦被害者の支援施設「ナヌムの家」や慰安婦像の製造でも金を儲けるなど利益を懐に入れるためのツールとしている韓国の胡散臭い組織と同じだ。
 
  

« 欧米はコロナワクチン開発支援で最大9億回分の供給確保 | トップページ | 日本は何も困らない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欧米はコロナワクチン開発支援で最大9億回分の供給確保 | トップページ | 日本は何も困らない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ