« 米国債市場では10年債利回りが過去最低水準 | トップページ | あらゆるモノを利権化することに長けた輩か? »

2020年8月 2日 (日)

欧米はコロナワクチン開発支援で最大9億回分の供給確保

 

 欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は31日、仏サノフィが英グラクソ・スミスクラインと共同開発している新型コロナウイルスワクチンの
   「予備的協議」
を終え、新型コロナウイルスワクチンの供給を
   最大で投与3億回分確保
することで近く合意する見通しだと明らかにした。

 EUが「サノフィとの間で想定される契約は、EU全加盟国にワクチン購入のオプションを与えるものだ」と説明した。

 両社はこの日、トランプ米政権から
   最大21億ドル(約2210億円)
のワクチン開発支援を受け、最大6億回分を供給することで合意したと発表している。
 今週初めには、英国政府ともワクチン供給で合意している。

  
   

« 米国債市場では10年債利回りが過去最低水準 | トップページ | あらゆるモノを利権化することに長けた輩か? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国債市場では10年債利回りが過去最低水準 | トップページ | あらゆるモノを利権化することに長けた輩か? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ