« 日本政府は海底資源を守るには不十分な軍事力を早急に整備すべきだ | トップページ | 本質は自由を敵視する中国の社会システム »

2020年8月26日 (水)

領海問題などへの影響を懸念

 

 中国政府が候補者として指名した、中国の段潔竜駐ハンガリー大使が24日、多くの票を集め
   国際海洋法裁判所の裁判官
に当選し、7人の当選者の1人となった。

 新任裁判官の任期は9年で、今年10月1日より就任するという。


 国際海洋法裁判所は1996年に「国連海洋法条約」に基づき設立された、同条約の解釈及び適用をめぐる紛争を解決する重要な司法機関。

 所在地は独ハンブルクで、21日の独立裁判官で構成される。
 法廷の設立後、中国からは趙理海氏、許光建氏、高之国氏が裁判官に就任している。

 

ひとこと

 中国政府の意のままに動く判事の影響で尖閣諸島や南沙諸島、沖ノ鳥島など周辺域の資源を奪うための工作の一環だ。

 こうした動きには最大の警戒が必要だが、日本のメディアは中国政府の工作を受けているのか報道すら最小限にしている。

 

  

« 日本政府は海底資源を守るには不十分な軍事力を早急に整備すべきだ | トップページ | 本質は自由を敵視する中国の社会システム »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ