« 訪韓に日時は決まっていない | トップページ | 連合国の支配下は抜けきれないのか? »

2020年8月24日 (月)

金を返さない韓国が罵詈雑言

 

 韓国メディア「ニュース1」は韓国文政権が事前に判事を入れ替えて出来レース的に判決を引きだし外交問題を引き起こし
   元徴用工判決
の問題解決のために、日本政府も
   積極的で誠意ある態度
を見せろと傲慢な要求を繰り返している。

 韓国外交部のイ・ジェウン副報道官が20日の定例会見で、「元徴用工問題と関連し、韓国は今のように外交チャンネルを通じた問題解決の努力を続けていく」と意味不明で思考分裂した主張を行った。

 また、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長終了通告日が今月24日に迫っていることについて、「韓国政府はいつでもGSOMIAを終了する権利を持っている」と強調し、軍事情報の不足が日本への軍事的な脅威と米国の日本への圧力を期待する阿呆な主張が見られた。

 その上、日本側が輸出規制の理由として提示した条件を
   韓国側が全て満たした
にもかかわらず、日本側は依然として
   韓国に対する輸出規制
を維持し「非協力的な態度を続けている」と批判した。
 ただ、韓国軍が日本緒領土である竹島を李承晩時代に軍事侵攻し実効支配したままの状況を棚にあげたままで、さらに、「輸出規制の問題が解決されないのは、事実上、日本政府が輸出規制と元徴用工問題を結び付けているためだが、別途に扱われるべきだ」と倫理のすり替えを経依然と主張した。

 一方、元徴用工問題について、反日思考の強い
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
が今月15日の光復節でこの問題に言及したことに対し、日本政府高官が15日、「韓国が具体的な解決策を提示しなければならない」と当然の対応を行った。
 
 
   

« 訪韓に日時は決まっていない | トップページ | 連合国の支配下は抜けきれないのか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ