« アデュカヌマブが米食品医薬品局(FDA)の優先審査に指定 | トップページ | 自社株買いへの意欲と資金運用を増やそうとする最近の兆候 »

2020年8月 9日 (日)

米国の雇用創出ペースは幾分緩んだ状態

 

 7月の米国雇用統計で非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比176万人増とエコノミスト予想148万人増を上回り、労働市場の回復が続いていることが示された。

 バンク・オブ・アメリカ(BofA)の米経済担当責任者
   ミシェル・マイヤー氏
は「経済活動の再開当初の持ち直し時期は過ぎたので、当然のことながら雇用創出ペースは幾分緩む」と指摘した。
 
 「米労働市場の完全回復という点では、まだ長い道のりがあるが、進展はしている」とメディアの取材でコメントした。

  

   

« アデュカヌマブが米食品医薬品局(FDA)の優先審査に指定 | トップページ | 自社株買いへの意欲と資金運用を増やそうとする最近の兆候 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ