« 批判的な報道を繰り返す韓国メディアの情報 | トップページ | 防衛力の向上を阻害する政治家は排除すべき »

2020年9月 6日 (日)

腐った社会

  

 共産主義というイデオロギーの本質でもある独裁主義体制を維持し暴虐政治を展開する
   金正恩
が首領の北朝鮮はしつこく居座る梅雨前線や台風の来襲などによる長雨で、各地で甚大な被害が発生している。
 
 被災地の一つ、黄海北道(ファンヘプクト)銀波(ウンパ)郡には、全国から大量の人員が金消音の命令で投入され、復旧作業が進められている。

 現在、住宅の再建事業が行われているものの、地方政府の予算不足で民間の投資を頼らざるを得ない状況だが、工事に動員された
   朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士
が、家や財産を失った被災者をさらに苦しめているという情報が漏れだしている。

 現地に張り巡らされた諜報網から伝わる情報によると、金正恩党委員長が視察を行った直後の先月9日に、多数の兵士が現地に到着し、道路の復旧、堤防の補修などを行い、その後は住宅の建設も行っている。

 先軍政治の破綻で食料品や日用品の配給が遅れており、自力で手に入れる必要があるため、民家に近い場所に宿営しているためか時々やって来て、軍の物資を盗み出してきた建設資材をパン、酒、タバコと交換して欲しいと要求するが、このような現象が起きることを予見した公安当局が、住民に対して「兵士が持ち込んできたセメントや木材などの建設資材は決して受け取ってはならない、受け取った者は法的に処罰する」との警告を発していたこともあり、誰も応じる住民はいない。

 これまでも北朝鮮では、災害や事故が起こると軍の兵士が大量に動員されている。
 ただ、当局は送り込むだけ送り込み、食糧などの補給をまともに行わないため、被災地では犯罪が多発するという治安を悪化させる支援とも言えるものでしかない。

 北朝鮮北東部に甚大な被害をもたらした2016年8月の
   台風10号(ライオンロック)
では被災地に兵士が動員されたものの、一般住民から食べ物を盗むなどの事件が多発した。
 
 こうした事態に対して金正恩氏は、「復旧建設中に人民の財産に手を出す現象が発生すれば、その場で銃殺してもいい」との命令を下す状況となったという。

 今回は、軍の上層部が「建設資材を売り払う現象は軍法で裁く」との警告を発したが、生きるために腹をすかせた兵士たちには効果がない。

 支援を受ける地域でも兵士らに食料を提供するほどの余裕がないため犯罪が多発するなか、兵士の犯罪は警務隊(憲兵隊)でなければ処理する権限がない。
 そのため、安全部(警察署)も手が出せないという。
 
 平時にも民家や農場を襲撃して食糧を強奪するなどの事件を起こしているような犯罪集団を、被災地に送り込む「二次災害」が広がっているようだ。
 
 
   

« 批判的な報道を繰り返す韓国メディアの情報 | トップページ | 防衛力の向上を阻害する政治家は排除すべき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 批判的な報道を繰り返す韓国メディアの情報 | トップページ | 防衛力の向上を阻害する政治家は排除すべき »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ