« 東京証券取引所 過去最悪のシステム障害で売買が終日停止 | トップページ | 言うことと頭の中は異なる »

2020年10月 2日 (金)

実体経済が低迷かする可能性が高い

 

 8月の米個人所得は失業保険上乗せ給付の失効で
   前月比-2.7%
と3カ月ぶりの大幅減少となった。

 事前調査のエコノミスト予想では2.5%減だった。

 また、7月は0.5%増(速報値0.4%増)に上方修正した。
 
 同月の米個人消費支出(PCE)は1%増と伸びが減速しており、所得減少の影響でさらに鈍化する可能性がある。
 個人所得の減少は、週600ドルの失業保険上乗せ給付が7月末に失効したことを鮮明に反映しており、前月は1.5%増(速報値1.9%増)に下方修正した。

 インフレ調整後の実質PCEは0.7%増加だった。
 前月は1.1%増(速報値1.6%増)に下方修正した。
 
 口先だけで政策の実行力が乏しいトランプ大統領は週300ドルの上乗せ給付を8月初旬に発表したものの、多くの州はこの資金を9月初旬まで受け取れなかった。
 
 ただ、この新たな上乗せ給付は6週間限定のため、さらなる所得減少が続く見通しだ。

 賃金・給与は3カ月前には2.7%増加していたが前月比1.3%増と鈍化している。

 なお、8月はサービスへの支出が増加を主導したものの、財への支出は横ばいだった。

 貯蓄率は14.1%に低下した。
 なお、前月は17.7%だった。
 
   

« 東京証券取引所 過去最悪のシステム障害で売買が終日停止 | トップページ | 言うことと頭の中は異なる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京証券取引所 過去最悪のシステム障害で売買が終日停止 | トップページ | 言うことと頭の中は異なる »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ