« 韓流工作の限界 | トップページ | 中国への強い牽制球 »

2020年10月30日 (金)

景気回復途上か?

 

 米国の大手鉱業・建設機械メーカー
   キャタピラー
は27日、7-9月(第3四半期)決算を発表した。
 
 「一部の産業や地域では明るい兆し」が見られていると指摘した一方、新型コロナウイルスのパンデミックによる影響は最悪期を脱したのかどうかについては明確な言及は避けた。

 7ー9月期の調整後1株当たり利益は1.34ドルだった。
 前年同期の同2.66ドルから減少した。
 
 事前調査で葉アナリスト予想は同1.13ドルだった。

 

  

« 韓流工作の限界 | トップページ | 中国への強い牽制球 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ