« 金融マーケットの縮小が取りだたされている | トップページ | ITはチューリップ相場の崩壊と同じか? »

2020年10月 4日 (日)

米国の9月ISM製造業総合景況指数は55.4に低下

 

 米国のISM製造業総合景況指数は9月、55.4に低下した。
 エコノミスト予想の56.5より小幅な拡大にとどまった。
 前月は56と、2018年11月以降で最も高い水準だった。
 
 9月は、ISMが対象とする製造業18業種のうち14業種が活動の拡大を示した。
 特に紙製品、木材製品、食品、家具で伸びが目立った。
 一方、衣料品や石油など4業種では活動縮小が示された。

 ISM製造業調査委員会のティモシー・フィオレ会長は記者団との電話会見で、「9月は大半において、製造業活動が非常に力強く拡大した」と指摘した。
 
 また、「今後について過度な懸念を覚えるような要素は、今回の統計には何一つ見当たらない」と述べた。

 新規受注は7.4ポイント低下して60.2だった。
 コロナ感染拡大以降の低下は4月以来初めてとなる。
 生産は2.3ポイント下げて61だった。

 また、在庫は47.1に上昇し、在庫減少ペースの鈍化が示された。一方で顧客在庫は37.9に低下した。
 
 顧客側の在庫は縮小ペースの加速が示され、向こう数カ月における生産増加の可能性が示唆された。

 雇用は49.6に改善したが、なお14カ月連続での縮小圏にある。
 
 製造業全体の約19.4%は9月に雇用が増加したと説明した。
 この比率は2019年6月以降で最大となる。
 
 
    

« 金融マーケットの縮小が取りだたされている | トップページ | ITはチューリップ相場の崩壊と同じか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ