« 台湾重視が続くかどうか | トップページ | 何を工作するつもりか? »

2020年11月10日 (火)

踏み絵をさせろ

  
 韓国の利権の拡大を強引に進めることが目的でもある超党派の国会議員でつくる
   韓日議員連盟
の金振杓(キム・ジンピョ)会長は9日、与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表との面談後、記者団に対し
   対日問題
について、日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた
   韓国大法院(最高裁)判決の問題
のほか、経済問題や慰安婦問題など懸案が多いと指摘し、「一つだけについて解決することはできず、一括で妥結するほかはない」との考えを明らかにした。

 その上で「与野党の議員で構成された両国の議員連盟が懸案に深く介入しすぎれば、混乱を引き起こす可能性がある」とし、「懸案は権限のある当局者間が協議し、政界は東京五輪を機に交流協力を強化することを主導しなければならない」と強調した。 

 金氏を含む韓日議員連盟の幹部7人による訪日団は12~14日の日程で日本を訪れたうえ、日本から金を引きだすための工作員ともなりつつある日本側パートナー
   日韓議員連盟
から有利な条件を引きだい手足として使って世論誘導する目論見からか与野党の国会議員と会合する予定という。

 金氏は菅義偉首相と面談する可能性について、「われわれとしては、できるだけ多くの人に会おうとしている」と主張したうえ詳細については明らかにしなかった。

 

ひとこと

 腐った思想を持った韓国の議員との面談はすべきではない。

 訪日韓国議員で日本の領土である竹島に上陸した者は国益を害したものであり、入国させることなく追い返すべきだ。

 

    

« 台湾重視が続くかどうか | トップページ | 何を工作するつもりか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾重視が続くかどうか | トップページ | 何を工作するつもりか? »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ