« 極めて神経質な時期 | トップページ | 社会インフラの整備に資金を投入(英国) »

2020年11月27日 (金)

政治家のパフォーマンスに踊り被害は拡大

 

 米国では新型コロナウイルス感染症による死者数増加がさらに加速する方向にある。

 米国疾病対策センター(CDC)の予測によると、新型コロナウイルスによる死者数はこれまでに25万6000人を超えている。
 ただ、大統領選挙期間中のトランプ候補の節操もないパフォーマンスに踊らされた支持派にも感染が広がる傾向が見られ、12月半ばまでにさらに3万人が死亡する軌道にあるという。
 
 このモデルでは予測レンジの上限で、12月は週間ベースの新規感染者数と死者数が共に週を追って増えることが示されている。
 
 バイデン次期米大統領がコロナ危機への対応を引き継ぐ際に感染拡大状況がどうなっているかを描くモデルで、シアトルにあるワシントン大学医学部のIHME(保健指標評価研究所)のデータによれば、足元増加傾向が続けば1日当たりの死者数が来年1月の早い時期に約2560人でピークに達するが、1月20日の大統領就任式までに38万7000人余りが新型コロナで死亡する計算になるという。

 このIHMEのモデルでは、ソーシャルディスタンス(社会的距離)確保の措置を緩めた場合、1日当たりの死者数のピークは来年2月の早い時期にずれ込み、5600人余りに達することが示唆されている。このモデルはワクチンがどの程度、感染拡大を抑えるかを考慮していない。
 なお、研究者らは数週間以内にその要素を加える見通し。

 

ひとこと

 日米ともに政治家としての資質が低い首脳が率いた政権のお粗末なパフォーマンスに踊った結果被害が拡大し続けている。

 日本の元首相もバイデン大統領が就任後は惨めな醜態を晒す情報がメディアに流れだす兆しが出てきている感じだ。 
 
  

   

« 極めて神経質な時期 | トップページ | 社会インフラの整備に資金を投入(英国) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 極めて神経質な時期 | トップページ | 社会インフラの整備に資金を投入(英国) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ