« 韓国亜に揺らぎの振幅が大きくなりそうだ | トップページ | 効果は大きいが、体内残留期間が気になるところ »

2020年11月16日 (月)

情報遮断は末期的

 
 米国共和党のジョン・コーニン上院議員(テキサス州)らはトランプ大統領が共和党支持の有権者への影響力を維持する中で
   選挙結果を断固拒否する大統領の姿勢
に議会共和党はおおむね同調しているものの12日に記者団に対し、当選確実となった
   ジョー・バイデン氏
を次期大統領に認めたわけではないが、大統領日報(PDB)といわないまでも
   大統領レベルの機密情報の報告
を受けるべきだと主張した。

 コーニン氏は「PDB自体を実際に受けるかどうかは別として、何らかの形で情報を伝える必要があり、情報の提供を受けるべきだと私は思う」と述べた。

    
  

« 韓国亜に揺らぎの振幅が大きくなりそうだ | トップページ | 効果は大きいが、体内残留期間が気になるところ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国亜に揺らぎの振幅が大きくなりそうだ | トップページ | 効果は大きいが、体内残留期間が気になるところ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ