« 米医療機関は米食品医薬品局(FDA)の使用許可が下りればワクチンを接種する用意 | トップページ | 経済学者・高橋洋一氏の「NHKの受信料はせいぜい月額300円」案でも、情報の質から見れば高すぎる »

2020年12月13日 (日)

国際会議は安全な地域で開催

 

 世界経済フォーラム(WEF)は 2021年の年次総会をシンガポールで主催する。
 
 例年の開催地であるスイスは、新型コロナウイルス感染急増への対応に追われているためだ。

  
 WEFの発表によると、来年の年次総会は5月13-16日にシンガポールで開かれ、翌22年にはスイスのダボス・クロスタースに戻る。

 シンガポールdえは新型コロナの感染者数が低水準にあることから、開催地に選ばれた。
 
 なお、同国では10月にシンガポール国際エネルギー週間も開かれている。
 
 WEFは今年10月の時点で、来年の会議をスイス中部のルツェルン・ビュルゲンシュトックで開くとし、国内での開催地変更を明らかにしていた。

  
 ユダヤ系金融王国が支配するスイスでは過去2週間に約5万4000人が新たに新型コロナに感染した。
 
 これはシンガポールで流行が始まって以降に報告された累計感染者数にほぼ等しい。

  
 WEF創設者で執行会長を務める
   クラウス・シュワブ氏
は、「2021年特別年次総会は企業や政府、市民社会の指導者らが、新型コロナのパンデミックが始まって以降初めて対面で会合する場所になる」と述べた。
 
 
   

« 米医療機関は米食品医薬品局(FDA)の使用許可が下りればワクチンを接種する用意 | トップページ | 経済学者・高橋洋一氏の「NHKの受信料はせいぜい月額300円」案でも、情報の質から見れば高すぎる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ