« 深刻なアレルギーを持つ人は米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンを現段階で接種するべきではないと警告(MHRA) | トップページ | 米医療機関は米食品医薬品局(FDA)の使用許可が下りればワクチンを接種する用意 »

2020年12月11日 (金)

救出は限定的

 

 自衛隊による在外邦人の救出訓練が2日
   陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都など)
   航空自衛隊百里基地(茨城県)
を中心に行われ、報道陣に公開された。
 
 この訓練は、2016年の安全保障関連法施行で自衛隊の邦人保護に武器使用が認められたことから始まった。
 
 今回は、政情が不安定な国で、日本人学校に避難した邦人15人が暴徒に取り囲まれたとの想定で行った。
 
 朝霞駐屯地では、小銃を手にした自衛隊員が特殊な音が出る装置を使って暴徒を遠ざけた後、邦人を車両に乗せて救い出し、陸自ヘリコプターで百里基地まで移送した。

 同基地では、保護した邦人の出国手続きをする退避統制所(ECC)の運営手順を確認した。
 
 外務省職員らが新型コロナウイルスの感染対策を取りながら、保安検査や旅券チェックを行い、空自輸送機に乗せた。
 
 
ひとこと
 
 近隣では朝鮮半島有事だろう。
 赤化統一を目論む北朝鮮の金正恩に同調している韓国の文政権による情報統制などで社会情報が素手に筒抜けであり、潜入している工作員の破壊行為や支援市民団体による武力闘争や暴力デモが引き起こされる可能性が高い。
 
 ただ、邦人の救出でも数が多すぎるため、救出は限定されることになるだろう。
 
   

« 深刻なアレルギーを持つ人は米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンを現段階で接種するべきではないと警告(MHRA) | トップページ | 米医療機関は米食品医薬品局(FDA)の使用許可が下りればワクチンを接種する用意 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ