« 日本への脅威が大きくなっている | トップページ | 誰のための政策か? »

2021年1月20日 (水)

ポケットに手を突っ込まれただけ

 

 米国議会共和党上院トップの
   マコネル院内総務
は19日、6日に起きたトランプ大統領の支持者による
   連邦議会議事堂占拠事件
について、トランプ大統領や他の影響力を持つ人々に扇動されたと批判した。
 
 この発言は同事件を巡る上院のトランプ氏弾劾裁判に影響を与える可能性が高い。

 トランプ氏の暴走発言や政治手法の粗野な状況を嫌悪し嫌厭関係に至っているマコネル氏は上院本会議で「暴徒はウソをすり込まれていた」と指摘、大統領選で大規模な不正があったとの根拠のない主張を繰り返したトランプ氏らを批判した。
 
 また、「我々は団結し、米国ではたとえ一晩でも怒る暴徒たちが法の支配を拒否することはさせないと明言した」と強調した。

 マコネル氏は弾劾裁判での共和党の票に大きな影響力を持つ政治家のひとり。
 なお、同僚への書簡では「どう票を投じるかの最終決断はしていない」と伝えたと報じられていた。

 下院が採択した弾劾訴追の決議は、議事堂占拠事件で
   「暴力を扇動」
した責任を問うと明記されており、下院では共和党議員10人が決議賛成に回った。
 
 上院(定数100)での弾劾裁判で「有罪」を認定するには出席議員の3分の2の賛成が必要で、共和党から最低17人が賛成に回る必要がある。
 
 
ひとこと
 
 現職の大統領が飲酒主義を否定するような発言を繰り返し、内乱を引き起こしな寝ない状況を作り出したことは米国の歴史では類のないことだ。
 
 トランプの素行の悪さで多くの混乱が引き起こされ多数の犠牲が生まれてきた。
 日本もトランプ就任前に面談する政治家がポンコツのF35の購入を価値を大きく膨らました莫大な費用で契約した。
 本来であれば、欧州の戦闘機と競合させたうえで買えば費用を半減させることも可能であり、購入機数も倍増させる交渉が出来て初めて盟友だろう。
 
 単に金のなる都合の用意ポケットを広げて、女衒になり果ててしまった観がある。
 口先だけで威勢のいいことを言うような国益を棄損するような右翼ではなく、米国海軍が退役させた大型空母5隻とF14などの艦載機1000機を無償で提供してもらい、北西アジアの防衛を米軍から引き渡してもらって初めて盟友といえるものだ。
 
 
   

« 日本への脅威が大きくなっている | トップページ | 誰のための政策か? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本への脅威が大きくなっている | トップページ | 誰のための政策か? »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ