« 空想が妄想に変わってきた韓国軍の行動に警戒すべき | トップページ | 愚かな世論操作 »

2021年2月13日 (土)

テンセント幹部が「個人的な不正」の疑いで中国当局に拘束

   
 中国インターネットサービス大手の
   騰訊控股(テンセント・ホールディングス)
は、同社幹部が「個人的な不正」の疑いで中国当局に拘束されていると明らかにした。
 
 
 中国政府は、独占禁止などでインターネットのプラットフォーム企業への取り締まりを強化している。

 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ 米紙)は、中国当局が法執行部門の元幹部らの一人が絡む汚職調査の一環でテンセントの幹部を拘束したと報じた。

 この幹部は、テンセントのメッセージアプリ「ウィーチャット」が収集した
   個人情報を無断で共有した疑い
で昨年から反汚職当局の調査対象となっていたという。

  
    

« 空想が妄想に変わってきた韓国軍の行動に警戒すべき | トップページ | 愚かな世論操作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空想が妄想に変わってきた韓国軍の行動に警戒すべき | トップページ | 愚かな世論操作 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ