« 日本企業の開発したワクチン接種の効果を検討すべきだ | トップページ | 外交攻勢を強める中国 »

2021年2月11日 (木)

米国の雇用統計の回復が遅れている

 

 米国雇用者数で非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は
   前月比4万9000人増
と1月に小幅な増加にとどまり、事前調査のエコノミスト予想値では10万5000人増の半減でしかなく労働市場の回復は2カ月連続で期待外れとなった。
 多くの失業者にとって見通しは依然厳しく、一段の景気刺激策が必要との見方を裏付ける格好となった。
 

 前月は22万7000人減(速報値14万人減)に下方修正した。

 また、家計調査に基づく失業率は6.3%(前月6.7%)に低下したが、労働市場から退出した人が増加したに過ぎない。

 市場予想では6.7%だった。

 

    

« 日本企業の開発したワクチン接種の効果を検討すべきだ | トップページ | 外交攻勢を強める中国 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本企業の開発したワクチン接種の効果を検討すべきだ | トップページ | 外交攻勢を強める中国 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ