« 通商強国との韓国政府の主張は嘲笑すべきもので笑い時にしそうだ | トップページ | 北朝鮮人権問題担当特使を選任 »

2021年2月 6日 (土)

新たな変異種「E484K」

  
  英国ユダヤ系メディアのスカイ・ニュースは2日、英国の保健専門家が英国でこのほど報告されていた
   新型コロナウイルスの変異種
の一部検体から
   新たな変異
を確認したことを明らかにし、この新たな変異により、ウイルスは人体の免疫系の攻撃を逃れる可能性があると伝えた。

 この報道によると、英国公衆衛生庁はウイルス検体から確認したこの新たな変異を
   「E484K」
と呼称し、南アフリカで報告された変異種に確認されていたものと同じとのこと。

 英国フランシスクリック研究所の
   ジョナサン・ストイエ博士
は、これまで研究者はブラジルと南アフリカでそれぞれ見つかった変異種から同じ変異、すなわちE484Kを確認していたと話し、ウイルス学の見地からすると、変異は予想外のことではないと続けた。
 
 この変異がウイルスに大きな成長の優位性をもたらすかについては、今後のさらなる観察が必要だと述べるに留めた。

 英国では昨年12月、変異種の発生を発表しており、この変異種の方が感染力が高いという証拠があることを明らかにしている。


   

« 通商強国との韓国政府の主張は嘲笑すべきもので笑い時にしそうだ | トップページ | 北朝鮮人権問題担当特使を選任 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ