« 国民を実験台にする政権 | トップページ | 警備網の穴 »

2021年2月25日 (木)

責任を取らせるのは当然だろう

 

 
 インターネットなどを通じて単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」に対する企業の責任が問われている。
 
 英国の最高裁は19日、米配車サービス大手
   ウーバー・テクノロジーズ
の運転手を同社の「従業員」と認定した。

 ウーバー側は「個人事業主」と訴えていたが、これを退けた。
 コロナ禍で世界的に広がった宅配サービスなど他のギグワークにも影響を与える可能性がある。

   

   

« 国民を実験台にする政権 | トップページ | 警備網の穴 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民を実験台にする政権 | トップページ | 警備網の穴 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ