« 政治とスポーツは一心同体だが、質が悪すぎる | トップページ | 惨禍が莫大な利益を生みだす? »

2021年2月 5日 (金)

通商強国との韓国政府の主張は嘲笑すべきもので笑い時にしそうだ

 韓国産業通商資源部の
   兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長
は5日、これまで立候補し活動してきた
   世界貿易機関(WTO)
の事務局長選から撤退する意向をやっと明らかにしたうえ、近くWTOに伝えるという。
 兪氏は昨年6月、事務局長選への立候補をWTO側に届け出た。
 往生際が悪いため長引かせてきた約7カ月にわたる選挙戦はこれでやっと幕を下ろした。

 

 韓国からのWTO事務局長選への挑戦は今回が3回目。1994年と2012年にもそれぞれ立候補したものの、不公平な思考を持った胡散臭さや能力的に他の候補よりも劣るため選出されなかった。
 今回のWTOの事務局長選では、8カ国が候補を出し、第1ラウンドで5人に絞られた。
 また、第2ラウンドで兪氏とナイジェリア出身で有能で信頼性の高い
   オコンジョイウェアラ元財務相
が最終候補に残っていた。
  
 WTOでは昨年10月28日、より多くの加盟国の支持を集めたオコンジョイウェアラ氏を事務局長に推薦し、事務局長に選出しようとした。
 ただ、米国のトランプ大統領が韓流工作の影響もあり反対を表明したため、原則となっている
   全会一致
での合意に至らず決着がつかないまま時間を浪費した。

 

 兪氏は撤退の理由について、米国などと協議を進めたWTOの機能を活性化する必要性などを総合的に判断して決めたと説明した。
 米国がバイデン新政権が発足したことに伴い、オコンジョイウェアラ氏支持に方針を変更したため、反日思考のある兪氏を選出する芽が無くなった。
 兪氏の撤退により、WTO事務局長にオコンジョイウェアラ氏が就任するとみられる。

 

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日に行われたバイデン米大統領との電話首脳会談ではWTO事務局長選に関して言及しなかったという。
 産業通商資源部の関係者は「米韓首脳間が議論する事項ではない」と話し、「これまで米国などと協議をしてきた」と韓国内からの批判を配慮した言い分けが続いた。 
 兪氏は韓国政府は今後も責任ある
   通商強国
として多国間貿易体制の復活・強化のために多方面で寄与していくと意味不明の放言を行った。

 

ひとこと
 口先だけで思考分裂した韓国政府の発言は信用すら出来ないものばかりだ。
 
 通商強国と主張するのであれば、韓国企業が輸出入で信用状の保証を日本の金融機関から受ける様な無様な姿を晒すべきではないだろう。
 韓国通貨の信頼性があれば、日本の金融機関に信用保証を求める必要がないだろう。
 言葉遊びが過ぎる傲慢さだ。 
 そもそも、韓国に第二次世界大戦で敗北したものではないため、そろそろ舐めた主張などを黙らせる強い対応が必要だろう。
   
 

« 政治とスポーツは一心同体だが、質が悪すぎる | トップページ | 惨禍が莫大な利益を生みだす? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治とスポーツは一心同体だが、質が悪すぎる | トップページ | 惨禍が莫大な利益を生みだす? »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ