« エアビーアンドビー 会長の進退は組織委員会が決定すること | トップページ | 空想が妄想に変わってきた韓国軍の行動に警戒すべき »

2021年2月13日 (土)

中国の金融機関の債務が増加

  
 中国の商業銀行の収益は、新型コロナウイルス(中共ウイルス、SARS-CoV-2)の影響を受け、2020年の純利益は
   1.94兆元(約31.52兆円 前年比-2.71%)
となり、中国共産党が統計データを発表して(2010年第4四半期)以来初めての年間マイナス成長となった。

 ロイター通信は9日、中国の商業銀行は昨年の記録的な不良資産を処分した。
 その後、年末の不良債権比率が前年比2bp(べーシスポイント)微減したと報じた。

 中国共産党の金融規制担当者や業界関係者は、銀行の不良債権状況が今後も厳しいと予想している。

 国有大手銀行の職員は「資産の質の圧力は、今年銀行が直面する重要なリスクの一つだ」と述べた。

 昨年、新型コロナウイルスの流行で中小企業への影響を緩和するため、中国政策担当者は債務返済を延期する政策を導入し、企業へ最大1.5兆元(約24.4兆円)の利益を銀行に譲らせ、リスクを相対的に銀行に転嫁した。
 
 今年でこの政策が終了し、段階的に廃止された後、不良債権は大量に発生すると予想した。

  
   

« エアビーアンドビー 会長の進退は組織委員会が決定すること | トップページ | 空想が妄想に変わってきた韓国軍の行動に警戒すべき »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ