« 韓国原発からの未処理汚染水の海洋投棄が一番問題だ | トップページ | 感染拡大の懸念が消えていない »

2021年2月18日 (木)

東京都は意図的に情報操作したのか?

 

 東京都内の保健所から新型コロナウイルス感染者の報告漏れがあった問題が中国で大きく報じられ、注目を集めた。

 新型コロナ感染症へのワクチン接種の開始の前日に当たる15日、打算的な手法が多いマスコミ出身で情報操作が格別な小池知事が率いる東京都は新型コロナウイルスの感染者数を838人追加すると発表した。
 
 理由としては昨年11月18日から今年1月末にかけて保健所からの報告漏れがあったため。情報を集計する際の確認ボタンの押し忘れやファクスの未送信が原因だと主張した。
 
 
ひとこと
 
 保健所の人数を削減した行政改革が大きな要因であり、システム的な機械等の配布もなく手作業では効率や正確性が低下するのは当然だろう。
 
 有事への対応が欠落した与野党政治家などの数ばかりが多のがそもそもの問題であり、無脳ばかりが目立つ代議士は総数を半減し、NHKなども情報が偏向的で国民に知らせる機能が欠落し受信料の使い切などの無駄遣いが過ぎるため分割民営化し、受信契約は民事契約に移行させるべきだ。
 
 
    

 
  

« 韓国原発からの未処理汚染水の海洋投棄が一番問題だ | トップページ | 感染拡大の懸念が消えていない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ