« 金利上昇に舵を切る時期が問題 | トップページ | ECBは借り入れコストを「注視している」と表明 »

2021年2月23日 (火)

力もない韓国産業の本質

 

 
 中国メディアの百家号はこのほど、2019年7月に韓国の杜撰な管理で化学兵器転用のリスクがある化学物質を許可制戻した
   「安全保障上の理由」
に伴う、半導体素材の韓国向け輸出の管理を強化した日本韓国には「日本に対する供給を止めて大きな打撃を与えられる、対抗措置となり得るものがあるかどうか」について分析する記事を掲載した。
 
 当時、文政権の情報工作で韓国社会が大きく狼狽して右往左往したうえ、日本製品の不買運動に傾斜させるなど反日行動を強めたが、それは日本の半導体材料に大きく依存していたためだと分析した。

 記事ではまず、日本と韓国はいずれも科学技術及び経済分野の「強国」だと認めているが、日本は原材料や半製品、生産設備などの各産業の「川上」を握っているが、韓国はこれらを最大限利用して「加工して組み立てる」ことで金を儲ける仕組みに傾斜して、研究費を使わず他人のふんどしで相撲を取るがごとき振る舞いで完成品を作っている構造に近い。
 
 日本企業の多くはオリジナル技術や基幹技術を多く持った原材料の生産大国で、特許強国でもあるため、手間のかかる川下産業からは脱却しており、日韓の産業構造は「根本的に異なる」ものだと分析した。

 たかだか数種類の半導体生産に必要なガスなどの輸出管理という「小さな規制」だけで、韓国が狼狽したのは基幹技術が欠落し、日本の技術者を雇用し技術の移植を安価に行った国家レベルの窃盗を繰り返してきたいゆえの「必然」だった。
 
 また、韓国産業が日本に対する喧嘩を仕掛ける目的で「日本への供給を止めて打撃を与えられるものはなにもないと指摘している。
 
 基幹産業の力が強い日本ではすぐにでも代替品を見つけることができるためであり「日韓が本当に貿易戦争になったら、韓国に勝ち目はない」とした。

 
 そもそも韓国の発展は日本の技術と原材料に依存しており、仮に韓国が半導体の輸出を制限すれば、韓国側の被害の方がケタ違いに大きくなるだろう。
 
 
ひとこと
 
 日本製品不買運動を市民団体を使って工作した愚民国家の韓国であり、強く実施すれば、何も生産で気なくなる日韓併合前の貧しい衛生水準の劣悪な農業国家になるだけだろう。
 

     

« 金利上昇に舵を切る時期が問題 | トップページ | ECBは借り入れコストを「注視している」と表明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金利上昇に舵を切る時期が問題 | トップページ | ECBは借り入れコストを「注視している」と表明 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ