« テロ国家との交渉は打用 | トップページ | 忖度公務員へは「ゆるゆるで大甘処分」? »

2021年3月17日 (水)

医薬品の効果がそもそも人種で同じか?

 

 ドイツ、フランス、イタリアの各国政府は15日、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンの使用を一時停止すると明らかにした。
 
 ワクチンを接種した人に
   血栓
が生じ重篤な症状に陥る事例が報告されたことから、欧州では予防的措置として同社ワクチンの使用を停止する国が相次いでいる。

 デンマークは先週、血栓症の報告を受けてアストラゼネカのワクチンを2週間停止すると発表した。
 
 ノルウェー、アイルランド、オランダも続いて停止を発表した。

 英国と欧州の保健当局、およびアストラゼネカと開発パートナーのオックスフォード大学は、深刻な血栓症とワクチンの関連性を示す証拠は見つかっていないとしている。
 
 
ひとこと
 
 感染力の差が人種により大きな差があり、ワクチンの効果も当然さが生じるだろう。
 ただ、比例した差ではなく、全く異なる症状の差が出てくる可能性は否定できず、海外の症例を情報とするのも良いが、全て同じでないことも認識すべきだろう。
 
   
    

« テロ国家との交渉は打用 | トップページ | 忖度公務員へは「ゆるゆるで大甘処分」? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ