« 投資環境が激変するリスク | トップページ | 腐り切った政治思考でのワクチン使用は人体実験でしかない? »

2021年3月 9日 (火)

外貨準備高が1月末より57億ドル(0.18%)減の3兆2050億ドル

 

 中国国家外貨管理局は7日、2月末時点の外貨準備高が1月末より57億ドル(0.18%)減の3兆2050億ドルとなったことを明らかにした。

 国家外貨管理局副局長で報道官
   王春英氏
は2月の中国為替市場の運営は安定し、市場参加者による見通しも理性的だったと説明し、国際金融市場では主要国の財政政策やインフレ予想などの影響でドル指数が上昇し、主要国の債券資産価格は下落したと続けた。

 為替レート換算、資産価格の変化などが複合的に作用し、2月の外貨準備の規模は小幅減少したと指摘した。
 
   
    

« 投資環境が激変するリスク | トップページ | 腐り切った政治思考でのワクチン使用は人体実験でしかない? »

為替相場考察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ