« ペロブスカイト太陽電池の効率化 | トップページ | これで厳重と言えるのか? »

2021年3月 3日 (水)

景気見通しが強まっていることを考えれば債券利回りの上昇について驚きはない

 
 米国リッチモンド地区連銀の
   バーキン総裁
はォールストリート・ジャーナル(WSJ 米紙)とのインタビューで、景気には「地平線上の夜明け」が見えるとして、非常に健全な春と夏を期待していると述べ、米国の景気回復に伴い短期的なインフレ率上昇を予測しているが、時間をかけて当局の目標水準へ向かうことに確信を示した。
 
 また、債券利回りの上昇については、景気見通しが強まっていることを考えれば驚きはないと話した。

  

   

« ペロブスカイト太陽電池の効率化 | トップページ | これで厳重と言えるのか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ