タイムライン

2018年5月23日 (水)

中国では「柴犬」の人気が高い。

 
 
 中国メディアの快資訊は
   「日本原産の柴犬が中国人に深く愛される理由」
と題する記事を掲載した。
 

 中国原産の犬が複数存在するなかで、柴犬が広く愛される理由について考察している。

 
 

 中国で柴犬は非常に高値で取引され、約2カ月分の給料ほどもすると紹介した。
 これだけ高額なのは中国で柴犬の人気が高いからに他ならないと指摘した。

 一方、中国原産の犬の多くは誰にも見向きもされないのが普通だと論じた。

  

 中国ではステイタスシンボルとして「犬を飼うなら外国の著名な品種を飼いたい」と考える人が多いと指摘、それゆえ中国原産の犬は人気がないと強調してみせた。

 特に中華田園犬と呼ばれる犬種は柴犬に似た外見をしているがやはり人気が高まらないと指摘した。
 その理由は毛色や大きさ、性格など
   「血統の標準化」
がなされていないことが理由であると指摘した。

 中国ではしばらく前に
   チベタンマスティフ
の人気が急騰したことがある。

 
 

 大型犬のチベタンマスティフを飼うことは
   富と名声の証
と見なされている。

 中国人が飼う犬種に対して「メンツ」を求めていることが垣間見られる。

 柴犬は外見がかわいいうえに主人に忠実で、飼うのもさほど難しくないという点のほか、中国人にとっては「外国の犬」ということで、飼っていてメンツも立つというのが人気の理由という。

 
     

2018年5月17日 (木)

中国は米朝双方に「これ以上の挑発を避ける」よう呼び掛け?


 

  北朝鮮は予定していた韓国との
   閣僚級会談
を中止すると突如発表した。

 また、6月12日の米朝首脳会談の運命について熟考するよう米国に警告した。

 トランプ大統領が北朝鮮を
   核保有国
として受け入れない場合、歴代大統領の中でも
   「哀れで成果のない大統領」
になるリスクを冒すとネガティブな主張を続けた。

  

 ただ、牽制球としてポチの韓国文政権を揺さぶり手足のごとく動かそうと目論んでいるものの米ホワイトハウスは今のところコメントの要請を無視しており成果がない。

 なお、中国は双方に「これ以上の挑発を避ける」よう呼び掛けた。

 
   

2018年5月11日 (金)

4月の米財政収支 記録を取り始めた1968年以降で最大

 

 米財務省が10日発表した4月の財政収支は、合計5100億ドルで、前年同月を約12%上回った。

 一方、歳出は8.4%増の2960億ドルで黒字額は2140億ドルと、記録を取り始めた1968年以降で最大となった。

 ただ、今会計年度(2017年10月-18年9月)4月までの累積赤字は3850億ドルと、前年同期の3440億ドルから増加した。

 米国では通常、4月は納税申告期限の関係で財政収支が黒字となることが多い。

 

 なお、議会予算局(CBO)は5月7日の報告書で、景気拡大や所得の伸びが力強さを増したことから連邦政府の歳入が4月に増加した可能性が高いと指摘していた。  

  
    

2018年5月 7日 (月)

北朝鮮が韓国の標準時に統一

 
 北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は5日、北朝鮮が標準時を30分早め
   韓国の標準時
に統一したと報じた。
 
 これにより、ソウル、平壌、東京の間では時差がなくなった。
 
 
 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は先週、朝鮮半島を南北に分断する軍事境界線上の板門店で、韓国の
   文在寅大統領
と会談した際、韓国との標準時の統一を約束した。
 
 さらに、非核化と和平協定締結を目指すことでも一致した。
 
 
 KCNAによれば「標準時の変更」は、歴史的な第3回北南首脳会談後、北南統一の歩みを早めるため実行される最初の実際的な措置だと伝えた。
 
 韓国政府は先に、標準時の統一は両国の関係改善に向けた「象徴的な動き」だと歓迎した。
 
 
 ただ、北朝鮮と韓国の間に時差が生じたのは2015年と最近のこと。
 
 なお、北朝鮮政府はこの年、日本が1910年に朝鮮半島を植民地化するまで使われていた30分遅い時間帯に標準時を戻していた。
 
  
  

2018年5月 6日 (日)

裁判所がオウム真理教の信者の1人を勾留。

   

 ロシア連邦捜査委員会はモスクワの地区裁判所は3日、正式な判決を言い渡すまで
   テロ組織「オウム真理教」
に参加した疑いでオウム真理教の信者の1人
   ミハイル・ウスチヤンツェフ被疑者
を勾留するよう言い渡した。

 まもなく被疑者には判決が言い渡される予定。

 ウスチヤンツェフ被疑者は今年5月1日、ボルゴグラードで地元の人々をオウム真理教の活動に勧誘していた時に逮捕された。

 ウスチヤンツェフ被疑者は同団体の日本の指導者らと連絡を取り合い、ロシア国内で信者の集会を準備し実施するほか、資金集めを調整していた。

    

2018年5月 4日 (金)

中国の地方債発行が加速傾向

 

 中国の地方債発行が4月に加速し始め、4月に入ってからのペースが第1四半期を大きく上回っている。

 4月26日時点の発行額は
   3107億8800万元
で発行本数は65本と、第1四半期の総発行規模を上回った。

 統計によると、湖北省、新疆ウイグル自治区など10省・自治区の第1四半期の地方政府債券発行額は
   合計2195億元
だった。

 ただ、第1四半期に発行された地方債は
   全て借り換え債券
で、うち一般債券は1426億元、特別債券は769億元に上った。

   

2018年5月 2日 (水)

「6月利上げの可能性は約90%と、従来の85%から上昇

 

 ゴールドマン・サックスのエコノミスト
   ジャン・ハッチウス氏
らニューヨーク在勤のエコノミストは調査リポートで、米国経済は
   成長見通し
が引き続き強く、「インフレの先行き見通しも明るさを増した」と指摘した。

  

 こうした展開や米連邦公開市場委員会(FOMC)による最近の発言は、5月2日に発表されるFOMC政策声明が
   「前向きなトーン」
になることを示唆しており、「6月利上げの可能性は約90%と、従来の85%から上昇した」と記述、FOMCが「結果重視」のアプローチを強める場合、今回の
   金融引き締めサイクル
の頂点が現在の予測より高くなる可能性もあると指摘した。

  

 米国金融当局の課題は経済成長を持続的なペースに調整しつつ
   リセッション
には至らない程よい引き締めを実行することだとし、金利サイクルの中間地点に近づいた兆候はまだほとんどないとの見方を示した。

    

大統領が間違ったときに勇気を持ってアドバイスする度量

 
 

 トランプ大統領の厚い信任を得て
   対北朝鮮政策 など
で転換点を迎えた大国の外交を担う
   ポンペオ米国務長官
は、強硬な発言とトランプ氏への忠誠心の強さが米国民の目を引いてきたが、国務長官指名後の言動からは、大統領のイエスマンにとどまらない現実主義者の顔も浮かぶ。

 2010年に下院議員に初当選したポンペオ氏は、オバマ政権の
   イラン核合意
に反対する
   若手の急先鋒
として名を上げ、これに目をつけたトランプ氏から
   中央情報局(CIA)長官
に抜てきされた。
 今度は自ら大統領との距離を縮めていった。

 トランプ氏への日々のブリーフィングでは、気の短い同氏の性格に合わせ、図やチャートを用いて簡潔に報告した。

 また、ロシア疑惑では
   ロシアの介入
は大統領選の結果に影響を与えていないと説明し、部下の報告に反する見解を示した。

 裸の王様を持ちあげる行動や発言が目立つポンペオ氏を、トランプ氏は「波長が合う」と評価するようになった。

 ポンペオ氏が4月12日の指名承認の公聴会ではトランプ氏が米国での
   ロシア疑惑捜査が原因
とかつて指摘した
   米ロ関係の悪化の理由
を尋ねられると
   「ロシアの悪い行いのせいだ」
と大統領と異なる見解を披露しこれまで大統領に波長を合わせた流れとは異なった見解を示した。

 トランプ政権が離脱を表明した
   地球温暖化防止
の国際枠組み「パリ協定」についても、条件次第で「再加盟を議論すべきだ」とも語った。

 ポンペオ氏がCIA長官として極秘訪朝して調整したトランプ氏と金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談の準備作業では、米国のみならず、世界の安全保障環境を左右することとなる。

 地位を得たのちは名誉を希求するのが欲望だが、大統領が間違ったときに勇気を持ってアドバイスする度量がポンペオ氏にあるかどうかが期待される。

   
  

2018年5月 1日 (火)

米・日・ロ首脳と連続電話会談

   

 朝米首脳会談に先立ち、朝鮮半島の非核化と平和体制の定着に必要な周辺国の信頼と支持を確実にするため韓国の文大統領が外交活動を活発化させている。

 内容を見れば全く変化はない水準で中身を詰める必要があるのは従前と同じままだ。

  

 米朝首脳会談が5月に前倒しされる場合、南北首脳会談で宣言に盛り込んだ非核化で議論が急速に進む可能性は大きくなる。

 

 文大統領としては、それ以前に
   非核化の方法論
に対する朝米間の距離を縮めなければならないという避けては通れない
   大きな課題
を抱えてしまった。

 2015年以来中断されていた
   韓・中・日首脳会談
を来月東京で再開する席で文大統領は中国の
   李克強首相
に会う際、朝鮮半島の非核化問題が重く扱われると見られる。

 

 文大統領は李首相にも南北首脳の朝鮮半島非核化意志を説明し、支持を求めるものと予想される。

 中国が停戦協定の一当事国であるという点で、南北首脳会談で合意した終戦宣言、平和協定に対しても話が交わされると見られる。

 ただ、韓国は当時の政権が朝鮮戦争継続を主張したため、停戦協定は拒否し締結していない。

 米朝首脳会談を目前に控えて、米韓首脳会談が予定されている。

   

 トランプ大統領が金委員長に会う直前に開かれるため、米朝首脳会談の成功の可否を計ることは可能と見られている。

 

 米韓両首脳はこの席で
   完全な朝鮮半島の非核化
を成し遂げるための戦略を最終調整することになる。

 そのため、文大統領の運転と道案内がますます重要になるが、北朝鮮が要求する朝鮮半島からの米軍の完全撤退までの道筋が確保で切る可能性はない。

 
   

2018年4月25日 (水)

新しい時代を迎えた

 

 台湾の陳建仁副総統は24日、総統府で
   在日台湾人組織「日本中華聯合総会」
の訪問を受けた。

 陳副総統は、正式な外交関係を持たない日台間で
   経済、文化、観光などの交流
が発展してきた背景には華僑の長年の努力があると指摘し
   TPP11(CPTPP)
への参加を目指す政府の姿勢を強調した。

 また、メンバーらが各自の影響力を発揮し
   経済連携協定(EPA)締結
など、日本との連携強化を後押ししてくれることに期待を示した。

 歴史的にも文化的にも密接不可分な日台の関係は
   蔡英文政権
の下で新しい時代を迎えたとアピールした。

 交流の成果として、昨年の相互訪問者数が過去最高の約645万人に達した。
 また、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)が昨年行った意識調査で、台湾を「信頼できる」と答えた日本人が過半数だったことなどに言及した。

 これらは双方の堅固な友情を表しているとの見方を示した。

 
  

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ